投稿

ゴールドのイメージ

イメージは頭の中にある設計図

何かを見たり聞いたりすると・・・

人は、頭の中で自動的にイメージングを始めます。

これまで自分が聴いたことのある音や見たことのある映像など、自分の持っている引き出しから抽出してイメージを作り出していきます。

そして、頭の中で何度も何度もイメージしていると、徐々にこれから起こることの設計図のようなものができてきます。

一度いい設計図ができてしまえば、あとはそれを見ながら材料を集めてその通りに作ればイメージしたモノが形になってきます。

そうやって、私たちは日々色んなものを生み出し続けてきたのです。

だから、夢や願望を形にするためにも、このシンプルな方法が活用できます。

では、どうやって設計図を作ればいいのか?

それは、こんな感じでやると上手くいきます。

まずは「口にする」

言葉にしたら、音となってそれを基に脳は勝手にイメージを作りはじめます。それは、あなたが望んでいようがいまいが関係ありません。無意識のうちにイメージが頭に浮かんでいるはずです。

これは、よく例に出されることですが、「あなたは、今からリンゴのことを絶対想像しないでください!」などと言われても、無理ですよね! あなたも、今リンゴを頭の中に想像してしまったのではないですか?

または、「紙にかく」

書くこと、または描くことで、脳が作り出しているイメージを外に取り出すことができます。

言葉がイメージを生み、イメージが実際に形あるものを生み出します。

頭の中にある言葉を形にするコツは、立体的にイメージをふくらませることです。

立体的にイメージするためには、音、形、時間の3つの要素を使います。

  1. 口に出す または、紙にかく
  2. イメージを絵や図にしてみる
  3. いつ? どれくらいの時間をかけるか? を決める

たったこれだけです。

この3つの要素が揃ったら、イメージの設計図が完成します。

あとは、その設計図のとおりに作ればイメージしたものが形になっていきます。

夢もはじめはあなたの頭の中にあるイメージです。

この一連の作業をより簡単に、誰でもできるようにまとめたものが「ドリームスイッチ プランナー」です。

ぜひ、あなたのイメージを形にするためのツールの1つとして活用してみてください!

LINEで送る
Pocket